第3回懸賞論文募集 2030年の物流

~ニューノーマルに対応した物流~

 新型コロナウィルス感染拡大や自然災害の頻発など社会環境の変化を受け、人々の価値観や生活様式が大きく変化したことで「ニューノーマル」が生まれました。そして今後も、安全・安心に対する考え方や地球環境問題、SDGsに関する意識などは、変化し続けることが考えられます。
 物流においても同様に、社会ニーズの変化に対応する必要があり、非接触やカーボンニュートラルへの対応、グローバル化、最新技術の活用など様々な領域において変革が求められています。
 2030年の未来を見据え、“「ニューノーマル」をどのようにイメージするか”、“どのような物流のあり方が求められるのか”など「2030年の物流 ―ニューノーマルに対応した物流―」をテーマとしてみなさまのお考えを論文として自由におまとめください。

募集期間 
2021年10月1日~2022年1月31日

表彰

最優秀賞 1名30万円+記念品 / 優秀賞 若干名30万円(総額)+記念品

最優秀賞 1名30万円+記念品 /
優秀賞 若干名30万円(総額)+記念品

審査員

審査員長

國領 二郎

慶應義塾大学 教授

審査員

荒木 勉

上智大学 名誉教授

秋池 玲子

ボストンコンサルティンググループ
日本共同代表

石田 忠正

日本貨物鉄道株式会社 相談役

山内 雅喜

ヤマトホールディングス株式会社
取締役会長

木川 眞

一般社団法人ヤマトグループ総合研究所
理事長

スケジュール

募集開始

2021年10月1日

応募締切

2022年1月31日

結果発表

2022年4月末予定

ご応募いただいた方には結果をご案内いたします。

表彰式

2022年5月以降予定

募集要項

募集内容

2030年の物流~ニューノーマルに対応した物流~

応募資格

個人または共同名義(年齢、性別、職業、国籍不問)

  • ※日本語での応募及びコミュニケーションが必要となります。
  • ※反社会的勢力と関わりがある場合は、審査対象外とさせていただきます。
募集期間

2021年10月1日~2022年1月31日

応募条件

オリジナルの作品

応募方法

STEP1. 記入フォーマットのダウンロード
記入フォーマット(word)をダウンロードし、書式(ヘッダー・フッター、フォント、pt、段組み等)を変更せずに執筆してください。

記入フォーマットをダウンロード

STEP2. 規定字数に従って執筆
要約:500~600字程度
本編:7,500字~15,000字程度

  • ・記入フォーマットの1ページ目はタイトルと要約(必須)を、2ページ目以降に本編を執筆し、最後に必ず参考文献を記載してください。
  • 本編の字数には、要約や注釈、参考文献等は含みません。

STEP3. フォーマットをPDF形式に変換
応募原稿の執筆を終えたら、PDFの形式に保存し、応募書類としてください。保存ファイル名は、ご自由にお付けください。

  • ・応募いただけるファイル形式はPDFのみで、最大のファイルサイズは5MBです。
  • ・1ファイルのみ応募いただけます。分割して複数ファイルを応募することはできません。

STEP4. 応募フォームにアクセス
応募書類(PDF)の準備ができましたら、「応募する」ボタンより応募フォームにアクセスし、必要事項の記入と、応募書類(PDF)のアップロードを行ってください。

  • ・応募完了画面が出る前にページ遷移したり、ブラウザを閉じる、通信が切れる等した場合、入力情報は保持されないため、ご注意ください。
  • ・論文の「要約」を入力する設問があるため、あらかじめ提出するデータから要約部分をコピーし、貼り付けることをおすすめします。

応募作品の権利について

1.権利の帰属と応募作品の利用について
応募作品についての著作権その他の知的財産権は、応募者に帰属する。
ただし、応募者は、本企画に関係するか否かを問わず、本企画の主催者(一般社団法人ヤマトグループ総合研究所)及びヤマトホールディングス株式会社をはじめとするヤマトグループ各社(以下、主催者を含めて「ヤマトグループ各社」と総称する。)の広報活動、その他ヤマトグループ各社の業務のため、日本を含む全世界での応募作品に関する一切の利用を、永続的、取消不能かつ無償で非独占的に許諾するものとする(著作権法第21条乃至第27条に記載される権利の実施許諾及び特許法第78条に記載される実施許諾を含むが、これに限られない。)。
応募者は、ヤマトグループ各社による応募作品の利用に対して、著作者人格権を行使しないものとする。

2.応募作品のオリジナル性について
応募作品が、第三者の著作権、知的財産権、プライバシー権、その他第三者の権利を侵害しないことについては、応募者が自らの責任でこれを確認し、主催者に対してこれを保証する。
応募作品は、応募者が一切の権利を有するオリジナルで、未発表のものとし、当該応募条件をみたさないときは、主催者は授賞を取り消すことができる。
応募作品について盗作の疑義が出た場合には、主催者は、応募者に対し、ヒアリング、資料提出の要求をすることができる。ヒアリング、資料提出によって盗作の疑義が解消されない場合、主催者の裁量によって受賞を取り消すことができる。

注意事項

  • 応募作品は、ヤマトグループ各社の広報活動(ホームページへの掲載や内部・外部向けに発行する雑誌への掲載を含みますが、これに限られません。)に使用することがあります。
  • 応募作品は、ヤマトグループ各社における各部署及び外部の研究パートナーである第三者に対して開示され、かつ利用される可能性があります。また、応募作品について問い合わせをするために、主催者が応募者に連絡をさせていただく場合があります。
  • 応募に関わる費用(資料作成、作品作成等)は、全て応募者負担となります。
  • 表彰式および受賞作品プレゼンテーションの模様は写真又は動画撮影し、ヤマトグループ各社のホームページや内部・外部向けに発行する雑誌に掲載のうえ公開しますので、予めご了承ください。
  • ご応募にあたっては、応募作品の権利に関する項目や注意事項、応募要項の内容をご了承いただいたものとします。なお、これらをお守りいただけない場合には、審査から除外したり、受賞を取り消すことがありますので、予めご了承ください。
  • 応募者が未成年者である場合には、応募にあたり必ず親権者の同意を得て下さい。なお、親権者の同意を得ていないことが判明した場合には、審査から除外したり、受賞を取り消すことがありますので、予めご了承ください。
  • 応募作品の返却には応じられません。
  • 審査状況に関するお問い合わせには一切応じられません。
  • 応募者の個人情報は、応募者として外部に公表、応募作品等に対する問い合わせ、その他本企画遂行のために利用します。その他、本企画の個人情報保護に関する事項については、「プライバシーポリシー」をご確認ください。